先日、ポータルサイトのアットホームさんにて

今後の不動産業界のあり方、向かう方向性について

意見交換をさせていただく機会を頂きました。

 

ポータルサイトが物件探しの主流となり

消費者の方はWebを通じて物件情報を得る事ができ

見たい物件ありきで不動産会社へ訪問するスタイルが

当たり前となっている今日の中で、

不動産会社側は物件情報発信が業務の比重の大半を締め

発信能力の高さだけに重きを置いていく結果

本来あるべき「人間力」を高めていく必要性が

薄くなってしまってきているような気がするという事を

不動産に携わる関係者だけでなく、同席いただいた

一般の方々からも意見として上がっていました。

 

ポータルサイト側の立場としても、

「物件情報を提供するプラットフォーム」の

立ち位置から、新たなものを生み出していかねければ

という強い思いを感じる事ができ、

この先数年で不動産業界のあり方も大きく変わる

転換期が来るだろうと確信しました。

 

一生に数度あるかないかの不動産選び、

本当に安心できる会社、担当者にこそ任せられる

スタンダードを私も目指し続けたいと思います。