管理会社さんの重要事項説明を聞いていると

たまにお客様に対して「これは残置物ですから」

という事だけ言って、そもそも「残置物」とは何かを

説明してくれない方もいるようです。

我々は日常的に使う用語なのでよく分かっていますが

お客様目線で考えれば、残置物という言葉だけでは

何の事か分からない方もいらっしゃるので、

入居後にトラブルにもなりかねないし、

お客様にとっては不利益をこうむる事になります。

残置物とは前の住人が残していった設備の事で、

そのお部屋に付いている大家様設置の設備ではなく

故障した際は自己責任で直さなければいけません。

よくある残置物としては、照明器具・エアコンなどで

特にエアコンに関しては故障すればかなり大きな金額が

自己負担としてかかってきてしまうので、あらかじめ

それなりの覚悟をしておかなければいけません。

残置物である場合にはきちんと契約書に記載されているので

もし設備機器の故障があった際にはもちろん管理会社に

まず連絡するのと同時に、最初の契約書を手元に置き

設備か残置物かを自身でもしっかりと確認しましょう。

私達不動産会社側もお客様に対して言った言わないではなく

「伝わる伝わらない」を念頭に置き、きちんと説明を

しなければ意味がないと思います。

重要事項説明は読むだけのものではありませんのでね。。。