10月18日に、主任者から「士」へ変わって

初めてとなる試験が行われました。

 

試験を受けられた方、大変お疲れ様でした!

結果発表は12月2日です。自己採点がギリギリ

だった方は1ヶ月モヤモヤが続きそうですね…

 

宅地建物取引士資格は不動産業にとって必要不可欠です。

まず、事務所の5人に1人は資格者がいなければ

営業を行うことができません。

また、資格がなければ「重要事項説明」を行うことができません。

 

賃貸や売買契約の時に、急に説明する担当者が変わる、

これつまり資格が無いからなんです。

 

会社としては最低限の資格者がいれば営業は行えます。

同じように仲間が資格を持っていれば契約はできます。

ただ、不動産業のプロとしてお客様にアドバイスを

行っていく以上、宅地建物取引士の資格を持っていなければ

私は説得力に欠けると思います。

 

同業の方で資格をお持ちでない方

是非一念発起して、少なくとも「士」としてお客様と

向き合えるようになっていただきたいと思います。