最近、振り込め詐欺の事案として、現金を宅急便で送らせる 

という手口が増えている中で、その受け取り場所が 

賃貸物件の空き家を利用しているというケースが非常に多く 

業界から警察からも注意勧告を受けている状況です。

 

手口としては、不動産会社に成りすまし、通常の業務と 

同じようにお客様を案内する予定を管理会社に入れ 

実際は犯人がそこで待機をし、時間指定で宅急便を 

受け取るという流れのようです。 

 

基本的には管理会社が立ち会う事が無く、鍵は物件現地に 

キーボックスなどで対応する事ができるので 

管理会社や大家さんと顔を合わすことも無いというのが現実。 

鍵は全部管理会社へ取りに行くとか、全部立ち会うとか 

本来なら一番そういうやり方が対策になるのでしょうが 

現実的に弊社が府中の物件の案内で日本橋に鍵を借りに行くとか 

逆に毎回そちらから管理会社の人が来るとかは無理があります。 

ちなみに過去府中の物件案内で練馬まで鍵借りに行きました…(笑)

  

で、弊社の所属する団体から配られたのがこれ↓

kimg0180

 

明らかに危険を通知していますオーラが凄いですね。。。 

宅急便の人がポストでこれを見てさえくれれば対策できるでしょう。 

ただ、他の入居者さんが不安にならないようにとか、分譲マンションの 

賃貸募集の場合とかはどうするか、とか課題はあるでしょうけど 

 

弊社としてもそういった事件を未然に回避すべく 

取り組みをしていかなければいけませんね!