ロフトは立ち上がれるだけの天井高があると

使い勝手のよさもだいぶ変わってきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立ち上がれるだけの天井高がなければ

ベッド代わりに使うか、物置として使うかくらいしか

なかなか使い方は見出せませんが

立ち上がれるだけの天井高があるロフトであれば

書斎的な利用方法のように単純に部屋として

使うことも可能になります。

 

ただ、問題なのは不安定なはしごです。

これをどう昇降しやすくできるかというのは

天井高以上に重要なポイントになります。

 

最近では普通の階段を設置しているお部屋や

可動式の階段収納などを設置している物件も

ちらほら見られます。

最近ではあまりプラス材料ではなくなっていた

ロフトを有効活用する方法ひとつで

物件の魅力をUPしてくれるかもしれません。

※建築基準法上のルールは事前にご確認ください