https://www.rakumachi.jp/news/column/204858?uiaid=qme6xg3ku

こちらの記事、府中にとっても他人事とは

決して言えない内容だと思います。

 

府中には農工大と外語大があり、また、近隣では

国分寺に東京経済大学があります。

これらのキャンパスは都心へ移転するような話題は

一切上がっているわけではありませんが

元々府中は同じ京王線沿線で、多摩地域の中では

比較的都心へアクセスしやすいという環境から

中央大学や帝京大学、明星大学の学生が多く

住んでいました。

実際15年前くらいに私が府中でバイトしていたときは

中央大学、帝京大学、東京経済大学などの学生が

仲間の半分以上を占めておりましたので。

 

ところが、ここ数年でこれらのキャンパスに近い

高幡不動や多摩センター、南大沢などの住環境が整い

家賃相場も府中よりだいぶ安いこともあり

府中での学生需要は著しく減ってきています。

 

そんな中でこの記事が書いてあるような

都心回帰現象が進んでいくとなると

減ってきているとはいえ、さらに府中にとっても

マイナス材料になる事は間違いありません。

 

これから先のワンルーム賃貸経営を行う上では

現状ですら年々減少している学生需要を

どのような形でカバーしていくのかという事を

しっかり考えていく必要があると思います。

 

住めればいい物件から住みたいと思える物件へ、

地域特性に合った物件提供を行っていく事が

これからの鍵になるのかもしれません。